MY FAVORITE THINGS

フライフィッシングをはじめ、僕の好きな事を主観的に書いていきます。
<< 土佐屋 せあぶら味噌ラーメン | main | 岡村屋 坦々麺 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
忍野・・・思い出のフライ達
忍野思い出のフライ6月17・18日の忍野釣行は、僕なりに納得の釣が出来ました。

良いハッチに恵まれ、良いドリフトの教授を受け、・・・ホンとに素晴らしい2日間でした。
でも、僕の拙い表現力では表現しきれない悔しさ。
それを、少しでも紛らわすため、また来年の備えとして・・・久しぶりのタイイングのエントリーです。



勝俣式クリップル#18まずは、勝俣さんが雑誌なんかでよく紹介していたクリップル・パターン

17日の濁りの引き始めたTC裏、コカゲロウのハッチとゴマ粒見たいなのが浮かびながら流下しているのを見て、ティペットに結んだのがCDCクリップルでした。
思いの他、鱒達の反応がよく、2・3尾連続で釣れました・・・
そのたびにCDCをティッシュで拭いて、フロータントを塗りなおすんですけど、限界が来ました・・・

エーィ、面倒だとばかりに結んだのがこれ。
効果の程は、CDCクリップルと変らないばかりか、さらに加速度的に鱒の反応はよくなります。
しかも、何度でもティッシュで拭いてジェル状フロータントを塗ってやればいくらでもその浮力がよみがえりました。

おかげで、思いの他いい釣が出来ました。


クシゲマダラ・スパークル・ダン#2017日19:00過ぎ、旧富士急前、いわゆる1番に陣取った僕の前の流れで、それまで見たこと無いような光景が展開していました、流芯、流れの脇のカガミ、流れの止まっている処・・・ところかまわず繰り返されるライズ・・・まさに水面が沸騰しています。

そこで、迷わず結んだのがこれでした。
まだ、明かりが残っていたときはフライのドリフトを目で追い、ライズを確認してあわせていました。やがて夕闇にフライが紛れ込んで、もうフライの位置を確認できません。
それでも、フライの位置を想像し勘でライズにあわせると、ロッドに乗る手ごたえ・・・そんな状況を何度味わったことか。
ホンとに効きました。

でも、謎はボディーのカラー。
結局ストマックをとるまもなく釣に没頭してしまって・・・リバース・エッジのフライはオリーブの濃い色だったんですが、僕が巻いたのは濃い茶色・・・ボディーカラーの謎が解けませんでした。


クロマダラ・デアヘア・クリップル#1618日4:00前、川原に立つと流れに中ではバシャ、バシャ、と早くもライズが始まってます。
ハッチは、クロマダラに疑問の余地はありません。
当然、まず結ぼうとしたのがクリップル!
でも、暗い中でのフライのフロータント処理の面倒クサさと、昨日の経験を踏まえ選んだのがデアヘアのクリップルでした。

あの状況下で、これがホンとにマッチ・ハッチャーとして最善の選択だったのかどうかは、はっきりしません。もしかしたらパラシュートでも釣れたんじゃないかというくらい鱒が狂ったようにライズを繰り返していた中、釣れたという事実はありますが、果たして正解だったのか?
・・・こんな疑問を持つの僕は、愚か者です。


忍野ブラウン40UPで、今釣行でもっとも素晴らしい鱒がこれでした。
18日クロマダラのハッチが終わった10:50頃
バンク際に定位するヤツがいました。
確か、4月・5月の釣行時にも同じ処に定位するブラウンと思われる魚影を確認しています・・・ただ、このブラウンかどうかははっきりしません。
ただ、いずれの時も僕の手持ちのタマでは、彼は振り向いてもくれませんでした。


原料は、トカゲの尻尾とカエルの丸焼き・・・(笑)そいつを、一発で浮かび上がらせたのがこのフライでした。

これまでも、バンク際へフライを“ブチ”込んで釣をしたことはありますが、こんなにはっきりした効果のあるフライはありませんでした。
ホンとに、魔力を秘めたフライです。

それと、正直に告白すれば、・・・
実はイブニングにナミフタが時ならぬ雨に打たれて落ちていたときナミフタパターンを持っていなかったので、このフライを使いました・・・

でも、このフライを使っての釣はホドホドにしたいと思います。
だって、ハッチのあるときは、出来るだけマッチ・ザ・ハッチで悩み楽しむことが今僕の目指すスタイルですから。


そして、これからフライを巻かなければならないのが、スピナー・・・
今回の釣行で、ハッチの無いときもスピナーには反応があることは確認できましたが何せ、タマ不足でした。
折角、忍野を楽しみ倒すチャンスだったのにマダラとフタオのスピナーの準備が不足していました。
よーし、来年はスピナーだ!
| FlyTying | 22:40 | comments(14) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 22:40 | - | -
コメント
ハッチの釣り楽しんでますね…がしかし…なんでブラウン釣れたフライだけ“ピー”の扱いなんだぁ
| I魔人 | 2006/06/27 8:09 AM |
I魔人さん、おは!
それはね、魔人さんのオリジナルを大切に思うからです。
決して、恐ろしくて公開できないわけではありません(笑)
| 鱒之介 | 2006/06/27 8:15 AM |
こんにちは
クシゲタイムのスパークルダンですが、
僕の経験だとサイズが合ってれば色は重要ではないと思ってます。
しかも渡辺さんのフライとはオリーブか茶の違いだけで「濃い」と言う所は合ってますよね。
はっきりとした「濃淡」の差には反応の違いが出る事が有りますが、今回のような場面ですと、全く関係ないと思います。
マッチザハッチをやりこんでいくとどうしても微細な事に目が行きがちですが魚はそんなに頭は良くないと思ってます。(笑)
でも、微細な事に拘るのもこの釣りの楽しみですものね・・・僕もあれこれ迷路にはまる時も有ります。(笑)
僕がマッチザハッチをやる時に気を付けているのはサイズ→形態及びステージ→色です、そして何よりも大切なのはナチュラル(ここ重要・・・)ドリフトです。
長々とすいません。
| ペリカン | 2006/06/27 12:33 PM |
ペリカンさん、こんにちは!
>僕の経験だとサイズが合ってれば
>色は重要ではないと思ってます。
そうですか、半分安心、でもちょっと残念な気もします。
実は、ボディー材をミックスして使うのに一寸凝ってまして、クロマダラニンフの黒いけど微妙に茶色っぽいのとかオオクマダンの茶色に体節のクリームがかったオレンジ色の再現に楽しみを見出していたりします。
釣れる釣れない以前に楽しみだったりします(笑)

>そして何よりも大切なのは
>ナチュラル(ここ重要・・・)ドリフトです。
僕も、忍野で渡辺さんにドリフトは勉強させていただいてます。
“ナチュラル”の意味の深さも一寸だけ垣間見れた気がします・・・
| 鱒之介 | 2006/06/27 12:54 PM |
これが、噂の聞かれるまで口外しなかったヒットフライ・・・。
今日も勤務中のY魔・おっとっと、囚人1号です。
どうも。
先日はお疲れ様でした。
状況は厳しかったですが、自分的には結構満足だったりして。
I魔人さんは新潟の渓魚にお熱が出たようで、お大事にどうぞ。
次回の釣行も楽しみにしております。
では、また。


| Y魔・・囚人1号 | 2006/06/27 2:38 PM |
“今日も勤務中のY魔・おっとっと、囚人1号”君、まいど!

>これが、噂の聞かれるまで口外しなかったヒットフライ・・・。
そ、でも君への教育的配慮から伏せてたりする・・・(笑)
・・・あっ、そっか魔人さんに弟子入りしたんだったっけ?
| 鱒之介 | 2006/06/27 6:26 PM |
教育的配慮ねぇ・・・
口外とはもしかして、フライをすぐ口から外したことかいな
熱も下がって魔人全快であります。
今週は忍野だぁ
がしかし・・・オリジナルをとかうまいことごまかされたような?!
| I魔人 | 2006/06/27 9:02 PM |
アハハハッ!
I魔人さん、 Y魔・・囚人1号 との師弟コンビのツープラトンの攻撃はずるいって・・・なんか2対1の変則マッチみたい(笑)

だって、ほら、アナキンだって最初はジュダイマスターのもとでフォースの修行をつんだでしょ?・・・詳しくは語れないけど(^^;
だから、Y魔・・も修行を積ませたほうが・・・って、どう?
| 鱒之介 | 2006/06/27 10:09 PM |
修行はフィールドテクのほうはいいかもしれないけどぉ
あとは罵倒されてもへこたれない修行かも
| I魔人 | 2006/06/28 8:05 AM |
知らぬ間に「Y」魔人計画が企画されつつあるような・・・
夏・バンク・忍野・・・
大きな流れに巻き込まれつつあるような・・・
いと恐ろしきかな・・・。
| Y魔じ・囚人1号 | 2006/06/28 3:37 PM |
I魔人さん、こんばんは〜。

>罵倒されてもへこたれない修行かも
ですね、I魔人さんの強さいつも見てますからよくわかります(笑)
なんか、囚人1号君もその気になってきたみたいだし・・・あな“おそろしや”ですナ(笑)
| 鱒之介 | 2006/06/28 9:34 PM |
Y魔じ・囚人1号、まいど!

・・・“じ”の字が増えてるぞ(笑)
| 鱒之介 | 2006/06/28 9:38 PM |
鱒之介さんど〜もです。
疑問?記事の日時・・・1日ずれてないですか?
16〜17の2日間じゃなかったっけ(笑)
囚人1号さんはI魔人さんに弟子入りしちゃったんですね。
あのフライの魔力を見ちゃうとそうなっちゃうのも当然かな。
イブニングタイムでのフライの色、流れのある瀬だと
茶っぽい=黒っぽい、クリーム、グリーンっぽい、そのくらいの区別で何とかまけて欲しいな〜。
後は流れる時のシルエット。
そうでないとますます迷宮に入り込みそうです。
| Tomcats23 | 2006/06/30 11:43 PM |
Tomcats23さん、・・・
あははっ、やっちゃった。ずれてます・・・
>あのフライの魔力を見ちゃうとそうなっちゃうのも当然かな。
そう、いわゆる“ダークサイドに落ちた”というらしいです・・・あくまでもそういう人がいるという意味ですよ、僕が言っているわけではありませんょ(笑)

>イブニングタイムでのフライの色、流れのある瀬だと
>茶っぽい=黒っぽい、クリーム、グリーンっぽい、
>そのくらいの区別で何とかまけて欲しいな〜。
う〜ん、“勘弁してやろう”って忍野の鱒達が言ってくれるかどうかは僕にはわかりません(^^;
色にこだわるのは、僕の趣味です。ホンとに適合しているのかどうかは、僕にもまだ確信が持てません。
それに、ジュダイ・マスターのペリカンさんは、サイズを優先すると言ってくれてます。
| 鱒之介 | 2006/07/02 12:18 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://masunosuke.jugem.jp/trackback/164
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
BlogPeople
PROFILE