MY FAVORITE THINGS

フライフィッシングをはじめ、僕の好きな事を主観的に書いていきます。
<< 厳しい中にも・・・7月28日 | main | 涼しさを感じに・・・8月5日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
7月31日イブニング・・・
7月31日 イブニング
7月31日のイブニング、いつもの堰堤で時が来るのを待つ。
程なくバシャッ、バシャッと飛沫を散らせて始まるイブニングライズ。
ハッチはない・・・
いずれにしろ、小さい何かが流れているに違い無い。でも出来るだけフライを見ながら釣がしたいと思い、結んだ#16のスパークルピューパ。

堰堤のたたきからプールに流れ込む流芯に上手くフライが乗った。ライズのあった地点にフライが到達する。バシャッ!でた。
その岩魚のストマック。

羽アリの偏食だった。
サイズは#16から#20位まで・・・これじゃぁ見えないわけだ!

それからも、ライズを見つけては、そのポイントと思われる地点にフライを打ち込むと岩魚が反応する。
結局、あわせ切れでした小さなフライが暗さで結べなくなるまで、バラシを含めてかなりの数の岩魚がフライを加えてくれた。



アント!アント!!アント!!!
まぁ、テレストリアルの時はそんなにマッチ・ザ・ベイトにこだわることは無く、サイズさえ合っていれば何とかなる。だから、出来るだけ見やすいフライの方が有利だろうと思われる。事実、釣り上げたフライは、グリーンのアンダーボディのスパークルピューパ#16だったし・・・なんていっては元も子もない。
“出来るだけそのときの捕食対象に合わせたフライで釣るのがスマートってなモンだ!”と思い直して今日はフライングアントを巻いた。

CDC悩むのが、そのウィング材。
このようにCDCで作るのが一般的だろうし、一番釣れそうな気がする。
でもCDCでは一尾釣るたびに、ヌルや水気を取ってフロータント処理するのが面倒くさい。


ラムズウールそこでハタと思いついた。もっといいマテリアルがあるではないか!
そうラムズウール!

こいつなら、事前にフロータント処理をしておけば、水気を取るだけで何尾か釣れそうだ!


そういえば、あの日番頭さんにお会いした。イブニングだけ釣に長岡から出かけてきたらしい・・・
しかも彼は、僕が全然的外れなフライで、ウヒヒヒッなんて下品な薄笑いを浮かべて釣をしていたときに、アントでしっかりと正しい釣をしていたらしい・・・
あとで話をしていたときこともなげに、今の時期はフライングアントでしょ!っていっていた・・・う〜ん、忍野育ちは恐ろしい・・・

とはいえ、これで明日が楽しみだ!ウヒヒヒヒ・・・なんて巻いていたら、明日は雨らしい・・・
あ〜ぁッ。
| FlyTying | 21:33 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 21:33 | - | -
コメント
不思議とあの場所で良くお会いするんですよね!
羽アリ、魔人さんにお勧めした時期ですが、梅雨明けして、ピークは過ぎたかもしれませんね。
| 番頭 | 2007/08/05 12:57 PM |
番頭さん、まいど!
羽アリだよね〜!でも僕はアントパターンであの釣をしてもなぜか上手く行かない・・・まだまだですじゃ!
| 鱒之介 | 2007/08/05 11:05 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://masunosuke.jugem.jp/trackback/300
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
BlogPeople
PROFILE