MY FAVORITE THINGS

フライフィッシングをはじめ、僕の好きな事を主観的に書いていきます。
<< 7月31日イブニング・・・ | main | 涼しさを求めて・・・8月17日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
涼しさを感じに・・・8月5日
涼しい風景。
暑中お見舞い申し上げます。
っていうか、梅雨が明けたと思ったら、連日暑い日が続いてます。渓魚もなんとなく夏バテ気味で、思うように遊んでくれません。そんな釣行が続いて、僕の脳みそも沸騰間際です・・・
そこで、今日は一寸でも涼しさ・・・というより寒いかも・・・を感じた出来事の報告です・・・

いつもの渓をいつものように釣りあがり、いつものように冴えない岩魚の反応にグッタリしながらも思いついたのが、“あの渓・・・そう、夏の渇水期でも元気な岩魚が相手をしてくれる枝沢があった!”ってなことで、移動しました。
上流側では、厚い雲に覆われていてどうも局地的に雨が降っているようです。でも、林道から見える流れは多少渇水気味で水はジンクリアに流れています。
“いい感じ!”と林道の空き地に車を止めて、ノー天気に構えておにぎりをほおばっているとなんとなく水の流れる音が大きくなったような・・・
“まさかなぁ”なんて、それでも一寸心配になり流れをのぞきに行くと、さっきまでサラサラ流れていた清流は、水位を30cmは優に越えるくらい上げて、茶色に濁り白い飛沫を飛ばしながら、逆巻く濁流に変わってます。・・・危なかったです。あのまま飯を食べずに入渓していたら・・・
濁流写真は、入渓地点をはるかに下って一息ついてから撮りました。濁りだけはわかると思います。


それでも、雨は局地的なもので別の渓でイブニングを迎えるべく移動しました。
そこでも、身のけもよだつ恐怖体験が・・・(笑)

番頭さんいつものように車を止めると先行者の車がありました。そう、最近良くここであう“番頭さん”でした。


しばらく一緒に釣上がり、やがてプライムタイムをそれぞれのお気に入りのポイントで迎えるべくわかれました。


そんな彼が、また僕の方に向かってきて盛んに僕を彼のお気に入りポイントに誘います。

まぁたまには彼とイブニングを一緒に釣るのもいいかなぁ、なんて気軽なことを考えた僕が甘かった・・・。
おのポイントは、カガミのようになっているプールで、対岸スレスレとか、沈み石のあたりで、ついばむようにポクン、ポクンとライズリングが広がっていた。ゆっくりとした流れの中にも流速の差があり、下手にドリフトしようものなら手前の流れにラインをもって行かれてドラッグがかかる、といういやらしいポイントだった。
そう、彼は忍野フリークだったのだ!・・・そんな彼が、“鱒之介さん、やってください!”と宣告した。
エルクヘアカディス#11をブンブン振り回す釣しかしてない僕の5xティペットは当然カールしまくり、キャストする前から勝負は見えいていた。しかも、それを見逃さない番頭さんには、失笑を買ってしまった(爆)
それでも、6・5xのティペットを足して、スラックが取れるまでナチュラルドリフトの時間を稼ぐべく一寸ロングリーダー気味にしてライズポイント上流にキャスト。
うまくスラックがほどけながら、ライズポイントにフライを運んでくれる・・・ポクン、まさにさっきまでのライズと同じリングが広がる。
すかさず合わせる・・・でも乗らない。失笑気味の彼・・・
次のポイントにキャスト、スラックがほどけながらフライが流れる。ポクン、バシッ、スポッ・・・慌てる僕、慰めの言葉をなくす彼・・・

慌てふためく僕を見るに見かねて、ポイントを移動する彼・・・
あきらめきれずに、ライズを待って再チャレンジする僕。
ポクン、バシッ、今度はロッドを通じて岩魚の気配を一瞬感じた・・・でも次にプツンという感触を残してあわせ切れ・・・


どう?寒いでしょ・・・っていうか、コントみたいでした?・・・こりゃまた失礼致しました(爆)
| FishingReport | 23:40 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:40 | - | -
コメント
支流の増水の写真すんごいですね!(汗)
出水の恐怖、冷汗モノだったのがわかりやしたが
イブニングも恐怖体験だったとは?そんな〜?(笑)
意地悪したつもりはないのですよ(^^)
あーゆー雰囲気のイブニングポイントを自分の中で「銀の盆」と名付けてますです。(^^)
| 番頭 | 2007/08/09 11:19 PM |
番頭さん、まいど!
いやいや、楽しいイブニングでしたね・・・本当にさむかった(笑)
ところで、リベンジマッチはいつにします?
| 鱒之介 | 2007/08/10 12:59 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://masunosuke.jugem.jp/trackback/301
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
BlogPeople
PROFILE