MY FAVORITE THINGS

フライフィッシングをはじめ、僕の好きな事を主観的に書いていきます。
<< 気合入れていこーッ! | main | フェザントテイルを巻く! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
水面下に存在感・・・
2007年5月23日23:502007年5月23日のことでした。
思い出に残る釣が出来た日です。そのときの岩魚のストマックです。


取水用の小さい堰堤の流れ出しで、ボコボコと沸きあがるオオマダラのハッチ、バシャバシャと水面を叩く岩魚のライズ。
・・・冷静に考えればサイズ的にはたいした事が無かったのですが、それを目の前にした僕は狂ったようにフライを投げ、投げては掛け、バレても狂った岩魚はまたライズを繰り返し、僕も狂ったようにフライをライズをすべてとりつくすまで投げ続けました。延々約1時間にわたりそんな熱狂の時間をすごし、とった岩魚は7尾。

でも僕は、その直前の岩魚のストマックに入っていた、#14位のマダラのスピナーにだまされて、最初は#14のパラシュートを投げ続けていました。
2・3尾とってかかりが悪いのでストマックを採ってみると、オオマダラダンの偏食。あたりを見回せば、確かにデッカイ、オレンジ色のダンがハッチしていた。

ダニーマ・デニーマ#10
それから、このフライに切り替えてようやくそのポイントのライズをすべてとる事が出来ました。
今年も、こんな釣がしたいと思いながらこのフライを巻きました。

実は、このダビング材は、ブレンドしています。
2007年5月23日18:15上の写真は、釣り上げて3時間半くらいしてからのものなのでかなり褐色が強くなってます。
でも、とれたてのサンプルはこの写真のようにオレンジのボディーに茶色のリブと云う感じの色でした。
この、色目のダビング材がなかなか無いんです。どちらかと云うとサルファーオレンジとラスティーブラウンのあいだくらいの感じです。


ハーズ・イヤー・フローティング・ニンフ #10
それと、もうひとつ。
このタイプのフローティングニンフ・・・鋭くライズをしている割に、水面にダンが浮かんでいるのを見なかったように記憶しています。
そういえば、“オオマダラのハッチはダイレクトハッチ”と云うのを『水生昆虫アルバム』で読んだのを思い出しました。
ダニーマデニーマにしろ、フローティングニンフにしろ、水面下に存在感をもたせたフライが必要なようです。
| FlyTying | 23:11 | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:11 | - | -
コメント
明けましておめでとう^^今年もよろしくです。
魔人は元気に管釣り行ってますよ〜千曲の解禁もそろそろ・・・また赤顔であうかなぁ
| I魔人 | 2008/01/08 7:37 PM |
魔人さん、おひさ!
おぉ、相変わらず釣にのめりこんでますね・・・僕も、そろそろ実践の感を取り戻さないとなぁ・・・
千曲で!
| 鱒之介 | 2008/01/09 5:35 AM |
魔人は年中無休ですから^^
今年も魚沼行きますよ
| I魔人 | 2008/01/09 8:32 PM |
魔人さん
“年中無休”いい心がけですね・・・
| 鱒之介 | 2008/01/09 10:33 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://masunosuke.jugem.jp/trackback/313
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
BlogPeople
PROFILE